大学生の戯言

独断と偏見にあふれている

旅行記〜オマーン編〜

 

2018年の5月、タイに留学していた僕は、どうしてもまた中東へ行きたくなっていた

 

2016年にイランへ行ってからというもの、イスラーム国家ってなんて優しい国なんだろうか、また行きたいなあと思ってはいたものの、日本からだとどうしても航空券が高いし、時間もかかるしと思っていたのだが、

ついにこの時、バンコク-オマーンで直行便があるかつ、往復6万円という手が届く値段だったので、2週間後のフライトチケットを買ったのであった。

 

オマーンといえば、サッカー日本代表アジアカップで毎度苦戦していた国であり、かつその国名からなんて卑猥な国なんだ!と小学生の時に盛り上がった時から妙にわくわくする国だったのである。

そしてまたインターネットでオマーンを検索しても、旅行者の情報はあまりなく、とりあえず、宿代が高い、オマーン人口の約半数が他国からの移民ということのみでオマーンへ向かった。

 

ちなみに、宿代はゲストハウスはなく、安宿でさえ一泊5000円位する(しかもwifiない)ところばかりで、ちょっと手は出せず、初のAirbnbを使って一泊2500円で泊まっていた

 

オマーンはとにかく暑く、ひたすらに暑く、日中はだれも外に出ていなかったし、お店も閉まっていた笑

 

到着した初日、観光名所の昔のお城みたいなとこ行ったら、お金忘れて入場料払えないっていうスペイン人のおばちゃんの分肩代わりしたら、仲良くなって、というか友達いないもの同士、次の日からそのおばちゃんが持ってたレンタカーで街を回れたのが最高についていた

f:id:nkz717:20180722002703j:plain

スペイン人のおばちゃんと

 

それでこのおばちゃんの車でモスクに行ったり、

f:id:nkz717:20180722002818j:plain

スルターンカブースグランドモスク

 

カウチサーフィンで知り合った人とサッカーしたり

f:id:nkz717:20180722002833j:plain


オマーンの国内ドラマの撮影現場にお邪魔したり

f:id:nkz717:20180722003259j:plain

 

友達の友達のオマーン人にオマーンを案内してもらったり

f:id:nkz717:20180722003311j:plain

 

オマーンでも夜に散歩してると、君はどこから来たの?って話しかけてくれて一緒にチャイを飲みに行ったり、

大学へ行ったら、ユーは何しにオマーンへ?って感じで面白かった

タイ人?ってめっちゃ言われた笑

f:id:nkz717:20180722003724j:plain

 

オマーンも良い国だったなあ