大学生の戯言

独断と偏見にあふれている

Anyway 〜外国人とずっと一緒はつらい?!〜

いやー随分とブログの更新をサボってました、てかもうこのままやめよっかなーとか思ってました。

 

ところがどっこい、テスト期間が来たのでとりあえず雰囲気出すためにスタバでMac Boo開いて明日締め切りのレポート書こうと思ったらなんと締め切り日が僕が思ってた明日じゃなくて明後日ではありませんか!てなもんで、一旦勉強のことは置いといて、アウトプットも大事だよなーとか戯言いいながらこのブログを書こうと思い立ったわけなんです。

 

とりあえず今回は"外国人との生活"について書こうかな

てなわけで、バンコクに来てはや4ヶ月、同じアパートのアメリカ人達と仲良くしているわけなんですけど、やっぱね外国人とずっと一緒は辛いっす実際

 

何が辛いかっていうと、言葉はまあもちろんだけど、それ以上に食事です。

言葉はgoogleとかまあ聞き返せばなんとかなるわけで、どうってこと無いんですけど、食事に関してはまじでしんどい。

 

大袈裟に言うと、満腹になる時の過程って2つあると思って、

1つ目は種類問わず、スナックとかでもでも良いからただ満腹になるコース

2つ目は満腹感に美味しさを求めるコース

 

そんでアメリカ人は圧倒的に1が多いような気がするんですよね

というか、彼らは普通に宿の食堂とか、屋台とかで満腹になってそれでOKみたいです。

そんで結構、彼らはアメリカでは普段10ドルくらいだしてご飯食べてるのに、こっちでは5ドルも出さないっていう謎の節約家根性を見せてくるんすよ

いやまあ、みんながみんなそうって訳じゃないけどね。

 

 

でも、僕はちょっと高くても美味しいものが食べたいんですよ

ちょっと300円くらい課金してもっと美味しいモノ食べれるなら俄然そっち派なんですよね

 

いやだって、食事って自分の欲を満たすのにも重要だけど、自分の体を保つためにも重要じゃないっすかー!

 

てなもんで、アメリカ人と一緒にいると食事どうする?ってなると全然、食欲が満たされないんですよ〜

てか、そもそも国が違うから食文化とかそもそも食事が違うわけでそこらへんは難しいよね。

いやまあ、結局僕が日本食食べたさすぎるってだけなんですけど。

 

 

というわけで、今回は外国人といると楽しいし、英語の勉強にもなる反面、食事面は辛いよーって回でした!

次回は学生インターンとその闇について書こうかな

 

ばいやーい!