24歳の戯言

独断と偏見にあふれている

魅力的な大人

 

この間、人生で初めて素晴らしい人に会った。

 

その人は、ある会社のCEOでさ、

社員も1000人位いるなかのボスだからもうその時点ですごい人なんだけどさ、

 

社員に愛されてて、その人も社員のことを愛していて、一緒に酒場で乾杯して泣いてたの

 

やばかったね。

 

社員一人ひとりのことをめっちゃ思ってないと、そんな風になれないし

社員にあそこまで愛される人ってよっぽどすごい人だよ絶対

 

俺もああいう大人になりてえと思ったね

すんごい刺激をもらった。

 

 

 

お前そのままだと死ぬよ?

バンコクからオハコンバンチワ

 

バンコクはもう夏が迫ってきてて、体感温度41℃って表示されるし、日中に蛇口ひねれば熱湯がでるくらいには暑くなってきています。

 

最近は、お世話になってる方に美味しいワインのお店に連れてってもらってワイン美味しいなーって感じて、1人でワイン飲みに行ったり、島耕作を読み始めたり、スピーカーを買ってみたり、なんとか頑張って友達のいない生活を楽しんでいます。

 

最近、周りでも就活の話が出ていて、そろそろ就活かー、まあまだ3年だけど、みたいに思いつつも、ふわっとながら自分の構想があるからそれを言語化するために、自戒を込めてブログを書く。

 

まあなんか、僕はギャップイヤーがあって同い年の人たちは僕より3年くらい先に進んで就活を終えてたり、自分の周りの留学生も就活をしてたりと、ある程度就活の話は聞いたり、身近で見てるんだけど、「それって本当に意味あんすかね?」とか「おやおや?」とか思うんですけど、まあ端的にいうと

 

大学生ってマジでなにもしてないんだな

 

ってすごい思ってて

 

忙しそうだと思えば、バイトだサークルだ

 

何ができるかと聞かれれば、別に何ができるわけでもなくて、

 

目標、夢はなくて

 

何を聞きに行くのかと思えば複数人のキャリアを聞きに行ってマージして自分でキャリアプラン立てて、

 

なんか、そこには全て自分で考えて目標に向かって実行するみたいなところが皆無だなーと思ってて

 

で、実際にそういう人たちってあんまり社会に出ても幸福度高くなさそうだなー、不満指数高いなーみたいに感じてる

 

つまり、自分で考えて行動しているつもり、なのだが、実際は他人からの意見が反映された上での行動なので仕事で行き詰ったときに、仕事に金銭的報酬以外に価値を見出だせない、目標を見失うのではと思っているんですよね

(ここで金をすんごいもらえてて、金が全て系の人たちは幸せ)

 

そいで、

 

いやまあ、大学生の時にサークルとバイトと飲み会の無限ループだった人たちは置いといて、それ以外の意識高い仮面を被ってOB訪問めっちゃ行ってる人とか、目標がある程度高い人とかは人の話聞く前に全部自分で人生設計練ったり、自分でスキル磨いて、自分の道を見つけた上で、その道のプロフェッショナルに話を聞きに行ったほうが効率良いと思うんすよね。

 

いや、わかる。確かに社会人の人は美味しいごはんにつれてってくれる。けど、それは授業と同じで、その時間に本読んだほうが学びが多いかもしれない。とか

 

平社員に話聞いたところで平社員にしかなれないとか

 

なんかそういうのって有ると思ってて、

つまり、平社員は平社員なりの経験しか積んできてなくて、君が平社員になりたいとしても、平社員の話よりもその上の社員(部長?課長?)の話を聞いたほうが選択肢が広がるのでは?とおもったり、ラジバンダリ

 

まあ何が言いたいかっていうと、他人に頼る前に自分で走って考えろってことなんですよね。

 

そう、それでここからが本題、

 

そもそも、僕と同い年の人らが僕らよりも年上の世代に就活とか人生設計とかを聞きに行くのって正しいの?その就活の仕方正しいの?ってところがあって

 

というのも、いやわかる、それは間違ってはないのかもしれない

けれども時代は変わったのだよっていうのがありまして。

 

これだけ身の回りにuber、grab、クラウドワーカー、個人起業家、ブロガー、インスタグラマーとか個人で働く時代になってきてるのに、組織で働く人に話しを聞くのってどうなんすか?

それって時代遅れじゃないっすか?みたいなのがありまして

 

組織社会はきっとなくならないから、組織で働く人に話しを聞くのも確かに大事なんだが、個人で働く人に話しを聞かないのってすんごい選択肢狭めてるのでは?って思うんですよ

 

だって、みんな上下関係とか人間関係とか出社とか残業とか絶対嫌いじゃん(好きではない)それなのに、まだ組織で働く?ってすんごい思ってる

 

いや分かる、組織で働くのが好きな人は働けば良いと思うんだが、つまり、せっかく個人の時代が来たのだから、個人で働くという選択肢はとっておいても良いと思うんだよね。

 

もっというと、どのスキルがあれば仕事の選択肢を広げれるか、どうやったらもっと稼げるか、どうやったら自分の価値を広げれるかを大学生のうちに考えないといけないんですよ!!

 

サークルとかバイトなんてしてる場合じゃねえよ!

社会人になったら遊べないからって遊んでんじゃねえよ!

授業なんて真面目に聞いてる場合じゃねえよ!

 

 

というのもですね、一応根拠がありまして。

今後、いやもう始まってるのかな?

小学校からプログラミングが必修になったり、英語も必修になったり、と

僕らよりスキルフルで思考力のある子供達が僕らの後に続くわけですよ

 

そして、それに加えてAIの時代が来て、雑務とか単純作業とかはほぼほぼAIにとって変わられるわけですよ。(新田予想)

 

そうなったらどうするよ?

 

大学の時にバイトとサークルと飲み会のエンドレスループだったやつは、宴会でしか活躍できないよ?

 

社会人になってお金稼いだほうがもっと遊びの選択肢増えるよ?

 

大学生の時の遊びの選択肢がマックスだとつまらんよ?

 

たぶん、僕達の世代と僕らの上世代の中で思考力とスキルがないやつの価値はこれらによって猿と同じくらいになると思ってる。

BIが導入されれば、問題ないけど、もしそうじゃなかった場合に僕たちは死ぬ。

 

そうならないためにも考える側、作る側に立ち続け、走り続けなければ、僕たちは死ぬ。

 

与えられたものを疑わなければいけないし、考え抜かなければいけない。

反論されても反論し返せるほどに考えろ。 

 

ってこの間じっちゃんが言ってました。

 

おやすみ

 

 

意識高く行こうぜ!ゴリゴリ! 2

久しぶりにブログ開いたら今月のPVが100超えてましたー!!パチパチ👏👏

 

ちょっと嬉しい

 

そんなわけで、12時過ぎたし、眠いかったけど興奮したのでちょっともうちょっと書こうかなーと思ってタイピングしている。(トータルテンボスのぬきさしならナイトを聞きながら)

 

トータルテンボスのぬきさしならナイトまじで面白いからオススメだよ!

 

とまあ、前置きはこんな感じで、最近あーそういうことかー、ようやく言語化できたー、できそう!みたいなことがあって、

 

それは当事者意識とモチベーションってめっちゃ大切じゃね!!ってことで

 

特にチームで働く上で当事者意識とモチベーションをコントロールするの難しいなーってのがあって

 

けれども、その2つをクリアすると、チームの流れがスムーズになるなーみたいな風に思ってて、

 

というのも、いまインターンを2つやってて、一つはチーム(以前はほぼ自分ひとり)で、もう一つはほぼ個人でやってて、

 

なんか2つのインターンでのやりがいが後者のほうが大きいなー、楽しいなー、なんでだろーみたいなのがあって、

 

それはなぜかなーって考えた時に当事者意識と、モチベーションだ!となったわけなんですが

 

前者のインターンは以前はほぼ個人でやってたので、自分のなかで目標とか具体的な数字等をあげてどれくらい今週できたか、できなかったか、みたいなところで、モチベーションを保ったり、俺がやらなきゃ!!みたいな感じで当事者意識を持ってできて、充実してたし、

 

後者のほぼ個人でやってるほうも自分が動けば動くほど、考えれば考えるほど、サービスが形になる感覚が味わえるし(それが錯覚だとしても)、当事者意識を持って、俺がやったる!とか自分の成果がプロダクトになって現れていく過程が見れるからそれでモチベーションを保てるっていうのがある。

 

ただ、前者のインターンで、人が増えてチームで動くってなった時に、リモートっていうのもあって、それぞれのモチベーションが分かりにくい、目標が見えてない、みたいなことがあって、ちょっとこれはまずいぞとなってしまって(タイ留学を言い訳におざなりになってしまっていた)

 

皆が頑張ってないわけではないんだが、それぞれのモチベーションとか方向性があってるのかどうか分からなくなってしまって

 

インターンとして以前よりも当事者意識とモチベーションが薄れてきてるなあって感じていて、

 

 

ただ、逆に当事者意識とモチベーションを改善させることで、インターンとしての経験がもっと大きくなるし、業務が改善される!と思ってる!!

 

そんで、どうしたら当事者意識を持てるかなーって考えた時に

それぞれに自分の仕事に責任をもたせて、「自分がいなきゃ、自分がやらなきゃ、このサービス、この仕事が会社として回らない、向上しない」みたいに思えると良い感じになるかなーって思ってて

 

モチベーションは

それぞれの仕事にたいして、目標を定義して、実行されたことに対してのフィードバックがあると良いよねーとか褒められるの嬉しい(個人的に)、お金もらえると嬉しい(個人的に)よねーってのがあって

ドラッカーも、「お金には金銭的な意味合いはもちろんだけど、自分にいかなる価値があるかを教える」って言ってて、「そだねー」って思っているところでございます。

 

というわけで、今回は当事者意識とモチベーションを保つことって大事だよねーって話でしたー。

 

みんなが当事者意識とモチベーションの維持向上できたら仕事的に、すべてが上手く回ると思っているし、インターン的にはここを意識するだけでだいぶ仕事に対するやりがい、面白みが増すのではないかなと思っているし、そうありたいと願っている

 

 

おやすみ

 

読書の春

おいっすー

 

英語も喋れるようになって、面白いインターンもして、PS4でFIFA18やりまくって、めっちゃクラブ行って遊んで、よく寝て、

 

「結構充実してるなー俺」なんて思ってたけど、

 

あれあんまインプットしてなくね、というかインプット全然してなくね!みたいになって

 

最近めっちゃ読書をするようになったんですよ!

 

ここ1ヶ月で4冊くらい読みました

(お金2.0、zero to one、日本再興戦略、超AI時代の生存戦略

 

読書めっちゃ良いっすよ

 

ibooksで読むようにしてるから手軽っていうのもあるんだけど、

 

結構タクシーとか電車とかの移動時間があるので、そのスキマ時間に読むようにしてて、

 

面白いっすねー読書

 

「へー頭良い人ってこんなこと考えてるのかーおもろー」とか、「たしかにたしかに」とか、「なるほどなるほど」とか気付きがめっちゃ多いんですよ!

 

なんていうか思考がアップデートされる感覚に陥るのですよ!

 

みんなも読書オススメオススメ!

 

ていうかibooksオススメマジ!

 

って今日友達が言ってました。

 

おわり

 

 

意識高く行こうぜ!ゴリゴリ!

タイに留学してて思う、日本と海外の大学生の差の一つに意識高いっていう概念があってそのことについて書こうと思って、ていうか書かなきゃって思って久しぶりにブログを開いたわけなのです。

 

というのも、バンコクでオラオラ、ゴリゴリにインターンしてる学生と会って、もっとオラオラ、ゴリゴリ、いこうぜーって思ってまして、

 

それで上記の通り、日本と海外の大学生の差の一つに意識高いっていう概念があって、まあこれは差って言って良いのかわからないけど、つまり

 

日本

俺「インターンでアプリ作ってるんだよねー、インターン2つやってるんだよねー、大学卒業前に新卒初任給以上稼ぎたいんだよねー、早く大学卒業してゴリゴリに働きてー、0-1で開発するのクソオモロー、起業もしてみたいなー」

 

友達「インターン?えー、意識高くねwww」

 

海外

俺「インターンでアプリ作ってるんだよねー、インターン2つやってるんだよねー、大学卒業前に新卒初任給以上稼ぎたいんだよねー、早く大学卒業してゴリゴリに働きてー、0-1で開発するのクソオモロー、起業もしてみたいなー」

 

友達「インターン俺もやってるよ!NPO系のインターン!へー良いね、どんなアプリ作ってるのー?起業も良いよねー」

 

ってなることにすんごい違和感を感じていて、

 

インターンをするから偉いとかしないからクソとかそういう話ではなくて、

 

意識低いことってメリット有るんすか?

みんなやればいいじゃーん

逆に意識高いことにデメリットって有るんすか?

 

っていうのがあって

 

いやもちろん、インターンが正義なわけじゃないし、インターンの業務内容によっては、それあんまり自分のためになってなくね?バイトと一緒じゃね?みたいなこともあるのは次回に置いといて、

 

自分で考えて行動してるやつ、結果を残そうと頑張ってるやつに対して、

「意識高くねwww」みたいな人はなんか残念だなーと思う今日このごろです。

 

どう残念かって言うと、

大学生のクソ暇な時期(特に1年生から3年生)に遊んでないで、少しでもインターンで実務積むことで、「就活の時にどの業界に行くか絞りこむ」とか、「自分にどんな仕事が向いてて、逆にどんな仕事はできない」というデータを就活のときに活かせるのに、それしないで「就活大変クソワロタwww」みたいな感じなパターンが多いんですよ(特に僕が通っているバカ大学などでは)

 

大学にブランドない×能力ない×どこで使えるか分からない、じゃあ就活できなくねえーってことで、

 

お前ら絶対、就活に関することで文句言うんじゃねえぞ、と思ってしまうわけなのでした。

 

 

って今日友達が言ってました。

 

おわり。

日本って最高だよね!?

いやーついに日本に帰国しました。

 

といっても一時帰国ですけど。

 

8月に出国してから約4ヶ月ずっと日本の外にいたわけですけれども、いやー正直しんどかった。

今年の春に練習も兼ねて1ヶ月だけ海外旅行でしてたんだけど、そんなの比じゃないね、まじ、しんどかった。

 

何がしんどかったっって

1,食事

まじタイ料理とかふぁっきんまざふぁかーって感じっすからね。日本でよくいるじゃないですか、タイ料理美味しい〜って言いながらインスタしてる女子。いやーあれレベルのタイ料理なんてちゃんとしたレストランいかないとないっすかんね。しかもタイ料理ってめっちゃ脂っぽかったり、野菜がなかったり、虫が入ってたり、で全然そんなんじゃないんすよ。。。

 

そんなもんで、週に1回、多い時は週に3回くらい、日本食を食べてて。。。

 

かといっても日本食ばっかり食べてるとお金がすぐなくなるから、がまんしてタイ料理食べたり、クッキーで飢えをしのいでた。。。

 

正直こんなに食事面で躓くと思ってなかった。

これはまじで旅行と生活の違いだなってめっちゃ思った。

 

そんで、今回一時帰国してから、米もうまいし、味噌汁もうまいし、てかもう味噌汁だけでご飯進むし、まじ最高!って感じ

 

実際、バンコクにいれば、日本食食べれるレストランなんてめっちゃあるし、お金を気にしなければ、いくらでも食べれるんだけど、いやーおじいちゃんとおばあちゃんが稲作してくれた米はまじでうめええ

 

 

 

2,タクシー

いやこれまじで、タイのタクシーはしんどい

Uberでもしんどい時はしんどい。

 

タイってめっちゃ渋滞がやばくて、1km進むのに15分以上かかるとかめっちゃあるんですけど、Uberでタクシー呼ぶと渋滞のこととか考えずに僕のリクエストを受入ちゃうんで、そいつが渋滞にハマった時とかは、全然こねえし、まじなんでお前受け入れてくれてんのってなるんスよ

 

そんなんだったら、まじでそこら辺でタクシー拾った方早くね?ってなるんすよねー

 

キャンセルしたくてもキャンセルするとキャンセル料発生するし。。。

 

ってなわけで、この間、そういう自体になって、30分たっても来ない、でもキャンセル料払いたくないからドライバーに電話してドライバー側でキャンセルしてって言いまくったら、乗ってないのに乗ったことにされて、請求来た挙句(Uber側に説明して取り消してもらったけど)、そのあとめっちゃ迷惑電話(全部ワン切り)がかかってくるっていうね

 

でもオイラ、そういうのには負けたくないからかかってきた番号にこっちから掛けまくって fuck you, say sorryって言いまくってsorryって言わせて良い気分になって遊んでた。

 

 

とかとか、

 

高速の料金ちょっとぼったくって請求してくるとか、

 

すぐにチップチップ言ってくるとことか

 

目的地が遠ければ乗車拒否すぐするとか

 

タクシーメーター使わないとか

 

いやまあ、

旅行してるときも思ったんだけど日本のタクシーって最高だね!

 

 

日本に帰国して、すぐにタクシーに乗る機会があったんだけど、最&高だったね

発車はスムーズだし、急発進しないし、座席もゆったりしてるし。

 

ほんと日本のタクシーって良いなあと思ってる次第であります。

 

と、そんな感じでタイのタクシーに対してめっちゃストレス感じて毎日イライラしてたんですよねー

 

日本に一時帰国してからは心が穏やかなること林のごとくな気分です。

 

 

ってなわけで、日本って最高!!

タイに戻りたくねえええええええ〜よー

 

 

 

 

学生インターン 〜それって意味あんの?〜

おはようございます、こんにちは、こんばんわ、

てなわけで、今回は学生インターンについて、

 

 

日本でもいま、インターンが就活に結びつくとかつかないとか、インターンすると運気が上がるとか上がんないとか、そんなわけでインターンの波が来てる訳ですけど。

んでもちろん僕もその波に乗ってITベンチャー系の会社でインターンをしてた訳です。

 

そんで、リモート可能だったんで、バンコク来てからも続けてて、

けど、あんま仕事量がなかったんで、別なのもやろってんで違うインターンを見つけてやっているところです。

 

 

んでまあ、バンコクに留学で来て、留学生ながらインターンしてる人、探してる人、ってマジで多いんですよ、まあ僕もインターンしてる側の人間なんですけど。

 

かと言って、日本でもやってたの?って聞くといや初めてですなんて人が多くて、

 

なんでインターンしようと思ったの?とか聞いちゃうと相手を困らせる事もあって

 

半年しかこっちにいない人とかでもとにかくインターン、なんでもいいからインターンって感じで

 

日本でもそうだけど、それってバイトじゃん笑なんてこともたまにあって

 

いやまあこんなこと言うとすごい嫌な奴だけど、それって本当に身になってる?実際どうなの?なんてことはよくある話でして。

 

んで、まあ何事も意味を持たせないと続かないし、時間がもったいないぞって思うんですよね。ただやるだけなら部屋で本読んでる方が有益ってことだって全然あると思うんですよ。(ここ大事)

 

んで、僕もご多分に漏れず、日本人の集まりに顔出すと、なんでインターンしてるのって聞かれるんですけど、僕の答えとしては

 

学生が就職する中で、自分のスキルが何か、嫌いなことは何か、弱点が何かを知っているだけで、就職する時に職種を絞りやすくなるからとか、

 

新しいことに挑戦できるからとか、

 

自分のスキルを磨けるからとか、

 

社長の近くで仕事する中で、物事の考え方とか仕事の進め方のとか吸収できるからとか

 

 

っていう感じなんですけど、

 

いや、特に、自分のスキルの把握はまじで大事だと思ってて、例えば、俺コミュ力あるから営業職合うでしょ!(コミュ力ある=営業職の偏見)って思ってても実はそんな営業向いてないとか、そもそも営業ってめっちゃ頭の回転早くないとできないとかあると思うんですよ。

 

そこで登場するのがインターンで、例えば営業インターンやっとけば(これは実務インターンに限るけど)営業とはなんぞやとか、webサービスの運営のインターンやってれば、運営とはなんぞやって例え業種が違くてもある程度もしくは少しかぶってるんで、手順とか考え方とかは一緒だと思うんですよ。

(本当に一緒かな?笑)

 

そんなわけで、そういうのを通して、自分に合った職種とか、隠れてたポテンシャルとかが見えてくると思うんですよね。

んで、確実に最初から今の自分と将来の自分を少しずつでも紐付けしてた人のほうがすんなり、行くんスよね(これは就活以外のことでも言える)

 

そんでもってその紐付けってのを多くすることも大事で、つまりインターンで得た経験から、将来像1、将来像2ってな感じで選択肢を広げることも大事だと思うんですよ。

 

そんでもってそんでもってもっと大事なことは、もっともっと将来のことを考えることで、それは自分の死に際。 

将来どうやって死ぬか、誰に看取られたいかとか、将来の理想の家族像なんてのも仕事を選ぶ上では大事なんですよね。

例えば、遠洋漁業の船乗り(半年以上家を開けるタイプの船乗り)になるって決めてる人は、たくさんの子供をもって奥さん1人に預けるのって厳しいと思うんですよ。(僕の偏見です)

少なくとも僕が遠洋漁業の船乗りになるなら、子供はたくさん持てないなあと思います。さすがに奥さんかわいそうってなっちゃう。

 

この問題は将来、仕事と自分の時間、どっちに重きを置くかで変わると思うんですけど。

 

でも、未来からの逆算は大事で、長期的な目標と、短期の目的、これを逆算しながら考えることは仕事以外でも、学校のレポートとかを上手に終える上でとても大事だと思うんですよね。

 

てな感じで、ちょいと長くなったんで、ここいらでまとめ

インターンに明確な意味を持たせることは大事

・そのインターンがどう将来に絡むかを考えることも大事

 

てな感じっすかねー、すんげえ偏見絡んでるけど、僕の考えとしては、こんな感じっす。

 

 

ほいじゃま

 

ばいやー