大学生の戯言

独断と偏見にあふれている

タイに「住む」ということ

ついに一年のタイ留学も終わり、日本に本帰国。

 

最近twitter界隈で熱いタイに「住む」ということについて僕も僕なりの経験談を書いちゃおうかなー

 

まずは、簡単にビフォーアフターを紹介

 

・留学が始まる前の僕

「タイには5回旅行に来てたし、食事も問題ないし、みんな英語喋れるから余裕」

 

・留学が終わりかけの僕

「臭すぎ!飯もまずいし!タクシードライバーはクズしかいないし!ストレスフル!」

 

僕もまさかこんなふうになると思ってなかったよお

手のひら返しとはまさにこのことである。

 

旅行でよく来ていたタイに住んで、「旅する」ことと「住む」ことの違いを理解したよね

 

まず食事

基本的に油分が多くて、野菜も硬いし、臭い、もちろん食後のうんこも臭い

最初の半年はほぼタイ料理の生活してたけど、体調すぐ悪くなるし、挙句の果てに口に合わなくて食欲落ちて、冬休みに日本に一時帰国した時には体重が5キロ落ちてた。

日本食レストランがなかったら多分死んでた。

食事の大切さを教えてくれるアメージング・タイランド

後期から日本食ばっか食べてたけど、それでも郊外に住んでてレストランのレパートリーが少なくて飽きて食欲がなくて、最近はもう1日1食生活だった。

 

どうやら、お腹が空いてるのに食べたいものがないっていうのは軽い鬱状態らしい

 

次に交通インフラ

バンコクにはBTSとMRTっていうスカイトレインと地下鉄があって、それ沿いに住んでる人は移動も楽ちん

けど僕みたいに郊外に住んでいて、移動手段は主にタクシー、バスって人にとっては渋滞がひどすぎてしんどかった

そして、ボッタクリのタクシー、お釣りを返さないタクシー、メータータクシーって書いてあるのにメーターを使わないタクシー、地図が読めないタクシー

 

 

次は清潔面

もう汚い、汚い、汚い

雨が降ってないのに、どこからともなく落ちてくる水滴

屋台のおばちゃんが皿洗いの後に流した汚水でできた水たまり

ゴミに群がるゴキブリとネズミ

 

最後は物価について

安い・コスパが良いと言われるタイランドだけど、それはタイ人と同じような生活(タイ料理・普通の部屋)をしたらかなあと思う

たしかに、水とかビールとかタイ料理とかはもちろん安いんだけど、おしゃれなカフェに行けば日本みたいにコーヒー1杯で400円くらいはするし、吉野家なんて行ったら牛丼普通盛りで400円位かかるしので、タイで日本と同じような生活水準を求めると結果的にかかるお金は日本よりはかかるかなーって感じ

ただ、住居費は圧倒的にバンコクのほうが安いと思う

どうやら、BTS沿いのプール付きのコンドミニアムでも月6万くらいで住めるらしいっす。

 

まとめ

タイに「住む」ということは、人によっては安く・コスパ良くできるかもだけど、日本の実家に住むのが一番コスパ良いし、全てが全て安いわけではないので、人それぞれの生活水準によるし、タイ料理ばっかり食べてでもコスパ追求すると絶対に体壊して治療費合わせてトントンになるからおすすめはしない。

僕的に最強の住む場所はトンロー・プロンポンエリアかな

日本食もおしゃれなカフェもたくさんあるし、セレクトショップとかイケてるbarとかあってかつBTS沿いでずっと羨ましかったなあ

次タイに行くときはあそこらへんにホテルとりたいなあ

 

 

タイ・バンコク留学のすゝめ【インターンについて】

タイ・タマサート大学へ一年間交換留学をしながらインターンをしていた経緯から僕なりにタイ・バンコクインターン事情等について書こうと思う

 

僕のインターンの内容はというと、説明が複雑なのだけど、日本の会社のサービスの開発をバンコクで日本とのリモートでやっていました。

インターンを始める経緯も複雑で、もともとバンコクで勢いあって面白いサービスをやっている人のところに、インターンしたいですって言ったら、そっちのほうでは人が足りてるから、知り合いの日本の会社のサービスを作らない?ってなったのがことの始まり

 

余談だけど、このインターンの会社にそのまま帰国後に就くことにした笑

 

そんなこんなでバンコクインターンのメリット・デメリットについて説明

1,  メリット:圧倒的に起業家、駐在員等の大人との敷居が低い

コミュニティ自体が大きいモノではないので、一人と仲良くなると、そこから芋づる式に知り合いが増えるし、そこからいろいろな仕事観・人生観を見れるのはとても勉強になった

いやはや、先輩方のお言葉はとても大事である。

 

2, メリット: インターン生の母数が少ないので、大きい仕事を任せてもらえる(人によりけり)

僕の場合は、実質の可動人員が僕だけだったので、サービスの中身、外側までほぼ全てに関わらせて貰えて、すごいレベルアップになった

 

3, デメリット:インターンコミュニティが少ない

先の通り、インターン生の母数が少ないので、どうしてもインターン生同士での横の繋がりが少なく、積極的に交流しようと思わない限り、情報交換が難しい

けれど、少ない分、一度つながるとそれはとても強いものとなるのでそこはメリット

 

4, デメリット:学生だからと無給で働かされる人もいる

知り合いの中にも、学生だからと、月の給料が1万円もしくは0円なんて人がいて、学生だからとビクつくことなく、事前にいくら貰えるかちゃんと相談したほうが良い

タイでする貧乏生活は日本のそれとは全く違う。

一週間ぶっ続けでタイ料理食べてると分かるけど、すぐに体調壊すよ(僕の場合)

 

補足をすると某タイ◯ーモブさんのように、学生からインターンの仲介料として10万ほどもらって、企業からは一銭も貰わないなんてのもあるけど、インターンしたい人はまずtwitterとかfacebookを駆使して直接その会社の人にコンタクトを取ることをおすすめするよ

特に10万なんて学生にしちゃあ大金だからね

もっというと、企業側は別にお金を払ってない(掲載料も無料なはず)わけだから、学生から直接コンタクト来ようが、某タイ◯ーモブを使って来ようがどっちでも一緒なんだよね

それ考えて、学生にメリット有る方を考えたらやはり直接コンタクトとったほうが良いよねーっていうのが俺の見解

 

とまあこんな感じでまとめると

 

バンコクでのインターンは横のつながりは少ないけど、上の人との敷居が低くいろいろな価値観を学び易い、大金使って斡旋会社使わなくてもインターンはできるよ!

 

ご武運を祈る!

 

タイ・バンコク留学のすゝめ【英語学習について】

バンコクでの充実した一年間が終わり、帰国の途へついた

高度38500フィートでこのブログを書くよよよん

 

僕的にはバンコク留学は英語を学ぶ(話す・聞く)に関してはアメリカに行くよりも実はとてもコスパが良いと思っているので、今後日本人の多くがアメリカだけではなくバンコクを選択肢に入れれるように、バンコクのタマサート大学へ一年間交換留学した僕なりのバンコク留学を書き記そうと思う

 

・まず、なぜバンコクなのかについて

これに関しては圧倒的に生活費を抑えられるというメリットが有って

仮にアメリカへの留学となると、日本と同様に家賃・食費・交際費で月15万以上かかってしまうのだけど、

これがタイの場合、生活費は上記3つの要素をいれても月10万円くらいで抑えられる

内訳はというと、僕の場合は家賃2万円くらい・食費5万円以下(毎食大戸屋吉野家などの日本食レストランにて)・交際費3万くらい(週23でクラブ行ってた)

 

それと、僕の場合、学校の交換留学ということで大学から月7万円の奨学金があった(アメリカなど英語圏の大学への場合は月8万円)ために、実質の消費額は3万円くらい

これがアメリカとなると月々8万円くらいは自己負担しなくちゃならない

3万円くらいだったら学生でもインターンクラウドワークスなどでの仕事で簡単にまかなえる金額である。渡航前に日本で貯金することも簡単

 

・次に英語に関して

そもそもなんでバンコクへ留学へ行こうと思ったかというと「英語を話せるようになりたい」と思ったからなんだけど

 

え?タイで英語?めっちゃ言われるので解説

 

そもそもアメリカへの留学(UCバークレーとか)だとTOEFLlの点数高くないと最初は語学プログラムに配属されて、そこからもし英語がすんごいできるなら学部のプログラム、そうじゃないならずっと語学プログラムというフローがあるんだけど、

そもそもその語学プログラムに入る人って英語圏の人ではないからそこのコミュニティで英語を喋るとなると、どうも上達が遅そうだし、圧倒的にネイティブと喋りながらのほうが上達するでしょと思ってたんだよね

そんでもって僕はもちろんTOEFLの点数低いし、これは絶対に学部のプログラムにあがれないぞと思ったのよね

もっというと、語学プロググラムなんて行ったらアジア人多くてどうせアジア人とつるむことになるなあと、それって日本で英語学校行くのと同じじゃね?って思ってさあ

 

そこでタイランド

留学前に旅行で何回もタイに行っていた経験からバンコクに欧米人が多いこともタマサート大学の学生の多くが英語を喋れること、タマサート大学に欧米からの留学生が多いことを知っていて、それでタマサート行って、英語ネイティブとか僕より英語喋れる人と話してたほうが絶対に上達するでしょ!と思ってタイのタマサート大学を選んだんだよね

 

そんでもって、実際はどうだったんですか?って話なんだけど

タイに来る前はまじ英語できる!って自身はなかったんだけど、英語できるなら最初から留学してないわアホ!と自分に言い聞かせて、コミュ力フルパワーにして、学校始まる前から同じマンションに住んでいたアメリカ人達と一緒にいる機会を作って、旅行に行ったり、ご飯行ったり、クラブに行ったりしてたら自然と喋る・聞くは余裕できるようになったよねやはり

単語帳とかリスニング本とか持ってきてたけど、喋ってた方が身につくから留学中一回も開かなかった

まじで実際に喋るのってまじで大事

 

ただ、タマサート大学には日本人の留学生が意外と多くいて(常時50人位)、意識しないとその渦に巻き取られてあれ?全然英語喋ってなくね?っていう人もいるから注意が必要

やはり何事も意識からだね

 

最後に期間について

僕は周りの以前留学してた人達に進められて1年間(前期と後期)で留学したんだけど、僕もやっぱり最低でも1年留学することを勧めるね

実体験的に言うと、英語がそんなにできないなあーっていうレベルからいくと、半年くらいでちょうど英語に慣れるんだよね、

というのも、やっぱネイティブの英語は難しい

僕が仲良くなったのはカリフォルニアの人たちだったので、インドとのハーフとかスペイン系の人もいて、最初はてこずったけど2ヶ月くらい一緒にいたらそれも慣れた

慣れるだけじゃなく、さらに上達(発音とか単語とか反応速度とか)させるためにはやっぱ一年いないと無理だなあと実感した(僕の場合はね)

 

とまあまとめると

タイ留学は一年くらいの期間でコスパ良く英語を学べる(それぞれの意識次第で)ってこと!

 

生活感については今度書くよん

 

 

僕の人生

あとそろそろで約1年の留学生活も終わるし、もうちょっとで24歳になる。

 

僕は既に人生に3回区切りをつけている

今回また、4回目の区切りがつく。

 

1回目が生まれた時から高校生まで

常に年上と上下関係なくいたおかげで年齢関係なく人間の本質を見て付き合う力がついたと思ってるし、年上だからってビビらなくなった

一生モンの親友ができた。幸せだった。

 

2回目が高校を卒業してフリーターをしてた時期

家出して1人暮らししたり、海外に1人旅したのもこの時期

この時の経験がなければ僕はこんなに面白い人生を送れていないだろうし、この時の経験がなかったら僕は海外に出ていなかった。

どんな辛い時も親友がいた、幸せだった。

 

3回目が大学生になった時

自分の考えは、他人の考えでもあり、実行できるかどうかが鍵であること。努力は人を裏切らないこと、努力できる人間がいかに強いのかということ。を思い知った

初めて親友と離れて親友の大切さを知った。幸せだった。

 

4回目がこれからの人生

僕は大学を辞めてスタートアップとして、株式会社スマテンの一員として日本の消防業界を変えて行く。

もともと入った大学も留学のためだけだったし、これから残り1年半大学に通いながら中途半端にスマテンにコミットするのは後々後悔すると思ったから

たぶん親友がいるからなんとかなる。また幸せになる。

 

「人生は自分が主人公のRPG」って昔金持ちな社長が言ってた、今日死んでも後悔しないような選択をしたい

 

これまで自分の人生の目標は、この世に自分の足跡を残すことだったけど、

加えてこれからはみんながハッピーになるように、少なくとも僕に関わる全ての人をハッピーにできるような世界を作りたいし、作る。

 

止まない雨はないし、止まないようだったら僕が隣で傘を差し出すし、

僕が明るいところへ連れて行くよ。

魅力的な大人

 

この間、人生で初めて素晴らしい人に会った。

 

その人は、ある会社のCEOでさ、

社員も1000人位いるなかのボスだからもうその時点ですごい人なんだけどさ、

 

社員に愛されてて、その人も社員のことを愛していて、一緒に酒場で乾杯して泣いてたの

 

やばかったね。

 

社員一人ひとりのことをめっちゃ思ってないと、そんな風になれないし

社員にあそこまで愛される人ってよっぽどすごい人だよ絶対

 

俺もああいう大人になりてえと思ったね

すんごい刺激をもらった。

 

 

 

お前そのままだと死ぬよ?

バンコクからオハコンバンチワ

 

バンコクはもう夏が迫ってきてて、体感温度41℃って表示されるし、日中に蛇口ひねれば熱湯がでるくらいには暑くなってきています。

 

最近は、お世話になってる方に美味しいワインのお店に連れてってもらってワイン美味しいなーって感じて、1人でワイン飲みに行ったり、島耕作を読み始めたり、スピーカーを買ってみたり、なんとか頑張って友達のいない生活を楽しんでいます。

 

最近、周りでも就活の話が出ていて、そろそろ就活かー、まあまだ3年だけど、みたいに思いつつも、ふわっとながら自分の構想があるからそれを言語化するために、自戒を込めてブログを書く。

 

まあなんか、僕はギャップイヤーがあって同い年の人たちは僕より3年くらい先に進んで就活を終えてたり、自分の周りの留学生も就活をしてたりと、ある程度就活の話は聞いたり、身近で見てるんだけど、「それって本当に意味あんすかね?」とか「おやおや?」とか思うんですけど、まあ端的にいうと

 

大学生ってマジでなにもしてないんだな

 

ってすごい思ってて

 

忙しそうだと思えば、バイトだサークルだ

 

何ができるかと聞かれれば、別に何ができるわけでもなくて、

 

目標、夢はなくて

 

何を聞きに行くのかと思えば複数人のキャリアを聞きに行ってマージして自分でキャリアプラン立てて、

 

なんか、そこには全て自分で考えて目標に向かって実行するみたいなところが皆無だなーと思ってて

 

で、実際にそういう人たちってあんまり社会に出ても幸福度高くなさそうだなー、不満指数高いなーみたいに感じてる

 

つまり、自分で考えて行動しているつもり、なのだが、実際は他人からの意見が反映された上での行動なので仕事で行き詰ったときに、仕事に金銭的報酬以外に価値を見出だせない、目標を見失うのではと思っているんですよね

(ここで金をすんごいもらえてて、金が全て系の人たちは幸せ)

 

そいで、

 

いやまあ、大学生の時にサークルとバイトと飲み会の無限ループだった人たちは置いといて、それ以外の意識高い仮面を被ってOB訪問めっちゃ行ってる人とか、目標がある程度高い人とかは人の話聞く前に全部自分で人生設計練ったり、自分でスキル磨いて、自分の道を見つけた上で、その道のプロフェッショナルに話を聞きに行ったほうが効率良いと思うんすよね。

 

いや、わかる。確かに社会人の人は美味しいごはんにつれてってくれる。けど、それは授業と同じで、その時間に本読んだほうが学びが多いかもしれない。とか

 

平社員に話聞いたところで平社員にしかなれないとか

 

なんかそういうのって有ると思ってて、

つまり、平社員は平社員なりの経験しか積んできてなくて、君が平社員になりたいとしても、平社員の話よりもその上の社員(部長?課長?)の話を聞いたほうが選択肢が広がるのでは?とおもったり、ラジバンダリ

 

まあ何が言いたいかっていうと、他人に頼る前に自分で走って考えろってことなんですよね。

 

そう、それでここからが本題、

 

そもそも、僕と同い年の人らが僕らよりも年上の世代に就活とか人生設計とかを聞きに行くのって正しいの?その就活の仕方正しいの?ってところがあって

 

というのも、いやわかる、それは間違ってはないのかもしれない

けれども時代は変わったのだよっていうのがありまして。

 

これだけ身の回りにuber、grab、クラウドワーカー、個人起業家、ブロガー、インスタグラマーとか個人で働く時代になってきてるのに、組織で働く人に話しを聞くのってどうなんすか?

それって時代遅れじゃないっすか?みたいなのがありまして

 

組織社会はきっとなくならないから、組織で働く人に話しを聞くのも確かに大事なんだが、個人で働く人に話しを聞かないのってすんごい選択肢狭めてるのでは?って思うんですよ

 

だって、みんな上下関係とか人間関係とか出社とか残業とか絶対嫌いじゃん(好きではない)それなのに、まだ組織で働く?ってすんごい思ってる

 

いや分かる、組織で働くのが好きな人は働けば良いと思うんだが、つまり、せっかく個人の時代が来たのだから、個人で働くという選択肢はとっておいても良いと思うんだよね。

 

もっというと、どのスキルがあれば仕事の選択肢を広げれるか、どうやったらもっと稼げるか、どうやったら自分の価値を広げれるかを大学生のうちに考えないといけないんですよ!!

 

サークルとかバイトなんてしてる場合じゃねえよ!

社会人になったら遊べないからって遊んでんじゃねえよ!

授業なんて真面目に聞いてる場合じゃねえよ!

 

 

というのもですね、一応根拠がありまして。

今後、いやもう始まってるのかな?

小学校からプログラミングが必修になったり、英語も必修になったり、と

僕らよりスキルフルで思考力のある子供達が僕らの後に続くわけですよ

 

そして、それに加えてAIの時代が来て、雑務とか単純作業とかはほぼほぼAIにとって変わられるわけですよ。(新田予想)

 

そうなったらどうするよ?

 

大学の時にバイトとサークルと飲み会のエンドレスループだったやつは、宴会でしか活躍できないよ?

 

社会人になってお金稼いだほうがもっと遊びの選択肢増えるよ?

 

大学生の時の遊びの選択肢がマックスだとつまらんよ?

 

たぶん、僕達の世代と僕らの上世代の中で思考力とスキルがないやつの価値はこれらによって猿と同じくらいになると思ってる。

BIが導入されれば、問題ないけど、もしそうじゃなかった場合に僕たちは死ぬ。

 

そうならないためにも考える側、作る側に立ち続け、走り続けなければ、僕たちは死ぬ。

 

与えられたものを疑わなければいけないし、考え抜かなければいけない。

反論されても反論し返せるほどに考えろ。 

 

ってこの間じっちゃんが言ってました。

 

おやすみ

 

 

意識高く行こうぜ!ゴリゴリ! 2

久しぶりにブログ開いたら今月のPVが100超えてましたー!!パチパチ👏👏

 

ちょっと嬉しい

 

そんなわけで、12時過ぎたし、眠いかったけど興奮したのでちょっともうちょっと書こうかなーと思ってタイピングしている。(トータルテンボスのぬきさしならナイトを聞きながら)

 

トータルテンボスのぬきさしならナイトまじで面白いからオススメだよ!

 

とまあ、前置きはこんな感じで、最近あーそういうことかー、ようやく言語化できたー、できそう!みたいなことがあって、

 

それは当事者意識とモチベーションってめっちゃ大切じゃね!!ってことで

 

特にチームで働く上で当事者意識とモチベーションをコントロールするの難しいなーってのがあって

 

けれども、その2つをクリアすると、チームの流れがスムーズになるなーみたいな風に思ってて、

 

というのも、いまインターンを2つやってて、一つはチーム(以前はほぼ自分ひとり)で、もう一つはほぼ個人でやってて、

 

なんか2つのインターンでのやりがいが後者のほうが大きいなー、楽しいなー、なんでだろーみたいなのがあって、

 

それはなぜかなーって考えた時に当事者意識と、モチベーションだ!となったわけなんですが

 

前者のインターンは以前はほぼ個人でやってたので、自分のなかで目標とか具体的な数字等をあげてどれくらい今週できたか、できなかったか、みたいなところで、モチベーションを保ったり、俺がやらなきゃ!!みたいな感じで当事者意識を持ってできて、充実してたし、

 

後者のほぼ個人でやってるほうも自分が動けば動くほど、考えれば考えるほど、サービスが形になる感覚が味わえるし(それが錯覚だとしても)、当事者意識を持って、俺がやったる!とか自分の成果がプロダクトになって現れていく過程が見れるからそれでモチベーションを保てるっていうのがある。

 

ただ、前者のインターンで、人が増えてチームで動くってなった時に、リモートっていうのもあって、それぞれのモチベーションが分かりにくい、目標が見えてない、みたいなことがあって、ちょっとこれはまずいぞとなってしまって(タイ留学を言い訳におざなりになってしまっていた)

 

皆が頑張ってないわけではないんだが、それぞれのモチベーションとか方向性があってるのかどうか分からなくなってしまって

 

インターンとして以前よりも当事者意識とモチベーションが薄れてきてるなあって感じていて、

 

 

ただ、逆に当事者意識とモチベーションを改善させることで、インターンとしての経験がもっと大きくなるし、業務が改善される!と思ってる!!

 

そんで、どうしたら当事者意識を持てるかなーって考えた時に

それぞれに自分の仕事に責任をもたせて、「自分がいなきゃ、自分がやらなきゃ、このサービス、この仕事が会社として回らない、向上しない」みたいに思えると良い感じになるかなーって思ってて

 

モチベーションは

それぞれの仕事にたいして、目標を定義して、実行されたことに対してのフィードバックがあると良いよねーとか褒められるの嬉しい(個人的に)、お金もらえると嬉しい(個人的に)よねーってのがあって

ドラッカーも、「お金には金銭的な意味合いはもちろんだけど、自分にいかなる価値があるかを教える」って言ってて、「そだねー」って思っているところでございます。

 

というわけで、今回は当事者意識とモチベーションを保つことって大事だよねーって話でしたー。

 

みんなが当事者意識とモチベーションの維持向上できたら仕事的に、すべてが上手く回ると思っているし、インターン的にはここを意識するだけでだいぶ仕事に対するやりがい、面白みが増すのではないかなと思っているし、そうありたいと願っている

 

 

おやすみ